実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

腰椎圧迫骨折

高齢者や女性に多いと言われる「腰椎圧迫骨折」の概要についてまとめてみました。

腰椎圧迫骨折とは

腰椎圧迫骨折は脊椎圧迫骨折の一種で、外部から加えられた圧迫する力によって、脊椎の椎体と呼ばれる部分がつぶれてしまうことによって起こります。

脊椎は複数のパーツからなるのですが、腰椎圧迫骨折はそのなかでも第11~12胸椎と第1腰椎の胸腰椎移行部に多発するとされています。

その具体的な症状は激しい腰の痛み。

特に受傷してから骨折症状が治るまでの期間は、歩くことはおろか、寝返りを打つことさえ困難なほどの激痛に襲われます。

また症状が悪化すると、下肢の痛みや痺れ、あるいは麻痺といった、ヘルニアに似た症状を発することもあります。

高齢者や女性に多い病気

さてこの腰椎圧迫骨折ですが、基本的には骨の強度(密度)が低下している高齢者や女性に多い症状と言われています。

特に、骨がもろくなる病気「骨粗鬆症」との関係性は密接で、骨粗鬆症に起因する腰椎圧迫骨折の割合はたいへん高くなっています。

そのため、骨が正常な男性、とりわけ若く健康な男性が腰椎圧迫骨折になることはあまりありません。

しかし、たとえばスポーツ事故や転落事故などによって、骨の強度以上に強い衝撃が加わってしまうと、当然骨は折れてしまいますので、腰椎圧迫骨折を発症してしまうことがあります。

冒頭で「骨がつぶれる」と述べましたが、腰椎圧迫骨折も「骨折」であることに変わりはありませんので、その基本的な治療法は、通常の骨折と同じように保存治療となります。つまり患部の固定と安静です。

具体的にはコルセットを着用(程度によってはギブスを着用)し、骨が形成されるまでベッドで安静にしていることが求められます。

それによって骨折が治癒すれば、痛みも取れてきますので、あとは徐々にリハビリをしながら、衰えた筋力の回復などに努めていきます。

腰椎圧迫骨折の原因と症状治療法については、このあとのページでより詳しく解説していますので、そちらも併せてご覧ください。

腰椎圧迫骨折の治療に実績のある病院5選>>

 
ページ先頭へ