実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

胸椎圧迫骨折

骨粗鬆症などが原因で起こりやすい「胸椎圧迫骨折」の概要についてまとめてみました。

胸椎圧迫骨折とは

胸椎圧迫骨折もまた、腰椎圧迫骨折と同様に脊椎圧迫骨折の一種であり、外部からの衝撃によって脊椎の椎体と呼ばれる部分がつぶれてしまうことによって起こります。

一口に「外部からの衝撃」と言ってもさまざまで、交通事故、転落事故、スポーツ事故などに伴う激しい衝撃はもちろんのこと、転倒や尻もち、あるいは咳やくしゃみといった軽い衝撃であったとしても、胸椎圧迫骨折になってしまうケースがあります。

そうした軽い衝撃であっても脊椎の椎体が損傷してしまうのは、骨粗鬆症などによって元々の骨が弱くなってしまっているからです。

その証拠に、骨粗鬆症年代と言われる比較的高齢の女性に胸椎圧迫骨折の症状は多く見られます。

なかには痛みは感じていないけれど、実は胸椎圧迫骨折を患っているなんてケースもあります。

胸椎圧迫骨折による症状は、身動きを取ることができないほどの激しい痛みとなって表われることが大半ですが、さらに悪化してしまうと、下肢のしびれや麻痺を伴うこともあります。

症状が「痛み」のみであれば、保存治療、すなわちコルセットまたはギブスによる固定と安静によって治療することができますが、「しびれや麻痺」を伴う場合には手術という選択肢も検討すべきでしょう。

胸椎圧迫骨折の手術は、つぶれた骨を風船によって一旦持ち上げて、そうしてできたスペースにセメントを流し込むといった方法で行われます。

手術の目安時間はだいたい1時間程度ですので、それほど大がかりな手術というわけでは決してありません。

最近では、早期の回復と社会復帰を目指して、治療法として手術を選ぶ人も少なくありません。

なお、手術を行うことで骨折箇所は治癒しますが、胸椎圧迫骨折になったそもそもの原因が骨粗鬆症にある場合には、何かの拍子で別の箇所が骨折しやすいのも事実。

そうならないようにするために、適度に運動を行うなど、予防や再発防止に努めることが大事になってきます。

胸椎圧迫骨折の原因と症状治療法については、このあとのページでより詳しく解説していますので、そちらも併せてご覧ください。

胸椎圧迫骨折の治療に実績のある病院5選>>

 
ページ先頭へ