実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?
圧迫骨折白書HOME » 知っておきたい圧迫骨折に有効な治療法と手術方法 » 低侵襲腰椎前方進入椎体固定術(XLIF)

低侵襲腰椎前方進入椎体固定術(XLIF)

ここでは、圧迫骨折後の脊椎変形等の治療に効果を発揮する治療法である、低侵襲腰椎前方固定術(XLIF)について解説しています。

椎間板にケージを埋める腰椎前方進入椎体固定【XLIF】

圧迫骨折後の脊椎変形に対する治療法では、低侵襲腰椎前方固定術(XLIF)という治療方法も選択肢の一つとなります。

これは、直接神経の圧迫箇所に触らなくても間接的に除圧でき、神経症状を解消できるすぐれた術式であり、元々は米国で開発され、2013年より日本では最新の低侵襲脊椎手術としてスタートした術式です。

最新の低侵襲な矯正治療法

脊柱変形の治療法として、胸腰椎の前方(体の横)侵入による固定術や、後方(背中)侵入による固定術など、様々な手術方法があります。

XLIFでは胸腰椎の前方(体の横)即ち脇腹あたりの皮膚を切開して、神経モニターシステムを使って脊椎へ進入。変性で痛んだ椎間板を専用器械で取り除き、取り除いた椎間板の代わりに骨を詰めたケージを挿入・設置します。

このXLIFによる手術は、切開が少なくて済み、経皮的椎弓根スクリュー刺入術(PPS)という術式と組み合わせることにより背中の筋肉へのダメージも抑える事が出来ます。なにより、他の手術法(TLIFやPLIF)と比べてみても、大きなケージを脊椎に設置できるので、安定感が増し、骨がつきやすい、ケージが沈み込むというトラブルが起きにくい、そして出血量が少ないといったメリットがあります。

XLIFの問題点

XLIFは変形矯正力や安定力など多くのメリットを発揮する手術方法ですが、問題点がないわけではありません。

それは、新しい術式であることに加え、手術の難易度レベルが高いこと。現在のところ、アメリカでトレーニングを受けたドクターしか施術できません。

そのため、対応できるドクター・できる施設が限られているのが実情です。

また、手術は人の手による作業ですから、手技に慣れたドクターであれば、一般に正確な手技を手早く行うことが出来ますが、最新の術式のため、この術式になれているドクターが限られています。

そのため、XLIFによる治療を検討するのであれば、施術する病院がXLIFについて実績をどれだけ豊富にもっているか、そしてその病院がチームとして統一されたレベルで最善の治療を行なっているかということも、ポイントになってきます。

ページ先頭へ