実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

後方進入椎体固定術(TLIF、PLIF)

ここでは、内視鏡とX線透視装置を使う重度の圧迫骨折時の一般的手術法である、後方固定術(TLIF・PLIF)の手術方法などを解説しています。

多発性圧迫骨折の場合に有効な手術法【TLIF・PLIF】

3椎間以上の圧迫骨折(多発性圧迫骨折)をした場合には、椎体形成術に固定術を併用することがあります。また、圧迫骨折の後で脊椎が変形してしまった時に用いられる手術法には、片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)後方進入腰椎椎体間固定術(PLIF)が用いられます。

TLIFは、左右どちらか一方の椎間関節を切除して椎間板を摘出し、その後に椎体を固定する術式です。

手術では、X線透視装置を使用(併せて内視鏡を用いて行う術式もあります)。

脊椎にそって背中の皮膚を切開し、腰椎の後面を露出させ椎間板を切除して、「骨などを詰めたケージ」と言われる人工物を挿入。変形を矯正するとともに神経の圧迫を解消して、その状態で上下の椎体(骨)がくっついて動かなくなることで神経症状を解消することが狙いです。

そして、椎体が癒合するまでケージがグラグラと動かないように椎弓根に穴をあけて金属(チタン)のネジを入れ、最後にネジとネジに「ロッド」と呼ばれる金属(チタン)の棒を渡して固定します。

この方法は、下のPLIFと比べて片側ですので骨を温存できる点と出血が比較的少なくて済む点で、有利です。傷口も小さく、術後1~2日から歩行が可能となり、経過が良好であれば10~14日ほどで退院できます。

PLIFは、上のTLIFと違い、左右両側の椎間関節を切除して椎間板を摘出し、その後に両側からケージを入れて椎体を固定する術式です。

TLIFと比べ両側の椎間関節を切除するので、体に対する侵襲はおおきくなりますが、腰椎変性すべり症や変性側弯症・後弯症で矯正が必要な場合などに行なわれる手術です。

腰の後方を縦に切開して、神経を圧迫している骨・靭帯を切除。スクリューを椎体に刺入、変性した椎間板を廓清して骨などを詰めた「ケージ」を打ち込み、側弯・後弯のある場合は矯正して固定していきます。これによって、脊髄の圧迫が取り除かれ、脊椎の安定性が増すという訳です。こちらも術後1~2日目から歩くことができます

TLIFを選択するか、PLIFを選択するか、あるいは他の手技を選択するかは、症状に合わせてどの方法がより適切かを考えて、決めることになります。

また、症例によっては、TLIFとPLIFを組み合わせて手術することもあります。

変形矯正力が必要な場合には、別の治療法も視野に

圧迫骨折後に脊椎が変形してしまった場合には、低侵襲腰椎前方固定術(XLIF)という術式も選択肢となります。これは、最新の術式として脚光を集めています。

ページ先頭へ