実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

経皮的椎体形成術(BKP、PVP)

ここでは、経皮的椎体形成術(BKP、PVP)について解説しています。

経皮的椎体形成術(けいひてきついたいけいせいじゅつ)とは

2椎間以内の比較的軽度の圧迫骨折に対する手術法でまず挙げられるのが、経皮的椎体形成術(PVP)です。

保存治療では除去しきれなかった除痛効果が期待できる手術方法で、圧迫骨折によりつぶれた椎骨をセメントで整復していきます。このことからも、経皮的椎体形成術は骨セメント療法とも呼ばれています。

低侵襲で、痛みに対して即効性のある治療法であり、1980年代後半ぐらいから欧米中心に行われてきた手術方法です。

PVPは日本では保険診療の対象になっておらず、施術する病院は限られています。

これに対して、バルーンを用いて椎骨や脊柱の変形した部分を元に戻してセメント注入を行うバルーン椎体形成術(BKP)は、2011年1月より健康保険の適用になっている他、専門の技術研修施設(技術認定施設)で実習をしてはじめて施術できる圧迫骨折の治療法として、脚光を集めています。

ただしBKPが適用されるのは、椎体の圧迫骨折から8週間経過してもなお、痛みと変形が残っている場合に限られています。

経皮的椎体形成術は、低侵襲性はもとより、高い確率で疼痛緩和が期待できます。

また手術してから1~2日で効果があらわれ、3日後には歩行も可能になるため、入院期間が短くて済む利点があります。

BKP手術

脊柱圧迫骨折に対する治療とリハビリ 〜原因と手術法まで〜 | 理学療法士によるリハビリ・ピラティス・予防

(http://www.pt-pilates.info/?p=1825)

経皮的椎体形成術/BKP・PVPが有効でない圧迫骨折の場合

3椎間以上の圧迫骨折や、保存療法でも治癒できない場合。そして、2椎間以内であってもBKPやPVPの施術が受けられないと医師が判断した場合は、さらに違う手術法で治療することになります。

重度の圧迫骨折には、後方固定術(TLIF・PLIF)低侵襲腰椎前方固定術(XLIF)など高度な固定術で治療しなければなりません。

BKPによる手術で考えられるリスク

BKPの手術によって考えられるリスクは、合併症が挙げられます。例えば、BKP手術の際に使用した骨セメントが骨外へ漏れてしまうことによって脊髄や神経を圧迫してしまったり、静脈内に漏れることによって肺塞栓を敷き起こしてしまったりする他、骨セメントによる感染症の可能性もあります。

これらは全て確実に発症するというわけではありませんが、可能性としては決して0とはいえません。BKP手術を行う前に医師と相談し、説明をきちんと聞きましょう。

BKPは手術後の過ごし方も大切になります

退院後は、とにかく定期的な検診をきちんと受けることが重要になります。

上記した合併症のリスクを極力減らすためには、こまめな検査で問題がないかどうかをきちんと確認する必要があるからです。

また、手術をした箇所や周辺に痛みが発生した場合は、すぐに医師に相談をしましょう。

なお、BKP手術をした場合、骨がもろくなり、骨粗鬆症を発症する可能性もあります。万が一発症した際は、骨粗鬆症の治療や予防も必要となるので気をつけください。

経皮的椎体形成術(BKP、PVP)はこんな方にオススメ

経皮的椎体形成術(BKP、PVP)は、新しい治療法として日本でも近年用いられるようになったため、検討する方も多いかもしれません。手術後の回復の早さや入院期間の短さなどメリットがたくさんあります。例えば高齢で保存療法などの治療中に寝たきりになるリスクがある方の場合には、オススメの治療法といえます。また、治療期間を短く済ませたい、という方にもオススメです。日本でも総合病院などで豊富な手術実績を持つ病院も増えてきています。

ただし、経皮的椎体形成術(BKP、PVP)もデメリットやリスクがゼロというわけでは決してありません。経皮的椎体形成術(BKP)は、合併症のリスクがありますし、保険診療対象にならない経皮的椎体形成術(PVP)は手術代が全額自己負担となり高額な費用が必要になります。 また、重い心臓病や呼吸器疾患がある方、うつ伏せになれない方は治療がそもそも受けられませんので、確認が必要です。海外では1990年台後半から数多くの優れた効果も報告されている経皮的椎体形成術(BKP、PVP)。検討するなら、治療を受ける際にリスクや治療方針の理解が大切です。「こんなはずでは……」と後から後悔することにもなりかねません。しっかりと医師からの説明を受けて、検討するようにしましょう。

ページ先頭へ