実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

便・尿の失禁

圧迫骨折を放置しておくことで引き起こされる危険性が高い、さまざまな症状についてまとめてみました。

圧迫骨折が引き起こす怖い病気の数々

圧迫骨折によって脊椎の椎体がつぶれることで背骨が曲がり、さらに飛び出た骨によって神経が圧迫されることで、さまざまな麻痺症状が引き起こされます。

「麻痺」というと通常、しびれに代表されるような感覚的、あるいは運動機能的な麻痺状態が想像されますが、脊椎脊髄の損傷に伴う麻痺はそれだけに止まりません。

たとえば、呼吸器や消化器といった内臓、または自律神経などにも麻痺症状は表われます。

内臓(泌尿器)の麻痺症状ということで言えば、膀胱直腸障害もそのひとつ。脊髄損傷に伴って発生する神経症状で、膀胱と直腸が同時に機能障害を起こすことから、このように呼ばれています。

膀胱直腸障害は、脊椎が損傷し、脊髄反射中枢の働きが阻害されることによってもたらされるわけですが、脊髄反射中枢の働きが阻害されることで尿意や便意を感じることができなくなりますので、結果的に失禁・頻尿・便秘などの症状を引き起こすことになります。

このように膀胱直腸障害になると、日常生活すら困難な状態に陥りますので、手術によって治療するのが一般的です。

一方、自律神経などの麻痺症状で言うと、知覚全般の麻痺、あるいは前方注視障害といって前方が見えにくくなる症状を発するケースもないではありません。

こちらも膀胱直腸障害同様に、日常生活を送るのに困難を来たすものですので、やはり手術によって治療を図っていくことになります。

圧迫骨折それ自体も、寝返りを打てないほどの激しい痛みが伴うなど深刻な症状であることは間違いありません。

しかしこれまでのページで見てきたとおり、病状を悪化させてしまうことで生じる、脊椎側弯症・後弯症神経麻痺歩行障害逆流性胃腸炎、そして直腸膀胱障害や前方注視障害などは、時に日常生活を送ることさえ難しくするほどの大変怖い病気です。

圧迫骨折は絶対に放置することなく、たとえ保存治療を行うにせよ、一度早めに整形外科で診てもらうのが肝心です。

ページ先頭へ