実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

背骨の曲がり・ゆがみ

ここでは、圧迫骨折を放置しておくことで引き起こされる危険性が高い、脊椎側弯症・後弯症についてまとめてみました。

背骨が異常な形に曲がってしまう脊椎側弯症・後弯症

背骨(脊椎)というのは、正面から見ると真直ぐに見えますが、側面から見ると実は、首(頚椎)、胸(胸椎)、そして腰(腰椎)の部分でそれぞれ前後に弯曲しています。

それによってちょうどバネのように、上体を前後に傾けることができる仕組みになっているのです。

圧迫骨折というのは、外部からの力によって脊椎の椎体の部分がつぶれてしまう骨折症状。

その状態を放っておくと、背骨は異常な形に曲がったりゆがんだりしてしまいます。このうち背骨が横に曲がってしまう症状を脊椎側弯症、同じく後ろに曲がってしまう症状を脊椎後弯症と呼びます。

そのほかにも、背骨が前に曲がってしまう脊椎前弯症という症状などもあるのですが、背骨の曲がり・ゆがみの中でもっとも頻度が高く、かつ危険性も高いとされているのは脊椎後弯症。

人というのは、普段の生活の中で前傾姿勢をとることが多いため、どうしても猫背のような脊椎後弯症になりやすいのです。

ちなみに脊椎後弯症は、元から脊柱変形などの症状があって、それが進行することによって引き起こされるケースもありますが、とりわけ高齢の女性においては骨粗鬆症に起因する圧迫骨折が悪化することで引き起こされるケースが大変多くなっています。

脊椎後弯症の症状

脊椎後弯症の症状(痛み)は大きく分けて2種類あります。

ひとつは、曲がってしまった背骨のあたりから来る痛み。ここであえて「あたり」としたのは、その痛みが骨自体から来ることもあれば、椎間板や関節、あるいは周辺の筋肉から来ることもあるためです。

そしてもうひとつの症状は神経の痛みで、こちらはとりわけ足の部分に表われます。

さてその治療法については、ひとつめの「曲がってしまった背骨のあたりから来る痛み」のみの場合には必ずしも手術の必要はなく、筋力の維持・増進を目的としたリハビリと、痛みを抑えるための薬物治療だけでも十分です(ただし脊椎変形が進んで神経症状を発することもあるので要注意)。

しかし、ふたつめの「神経の痛み」を伴い、かつ上述の保存治療で症状が改善されない場合には、経皮的椎体形成術(BKP、PVP)などの手術治療を検討する必要が出てきます。

ページ先頭へ