実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

歩行障害

ここでは、圧迫骨折を放置しておくことで引き起こされる、歩行障害についてまとめてみました。

圧迫骨折に伴う神経症状が悪化することで歩行困難になることも!?

圧迫骨折に伴う痛みは、保存治療を行うことによって大抵2~4週間ほどで取れてきます。

痛みが取れて体を動かすことができるようになったら、再発防止のためのトレーニングを兼ねたリハビリを行っていくわけですが、歩行訓練などのリハビリをすればするほどかえって足が麻痺してきて、やがては歩行に困難を来たすといった人も少なからず存在します。

こうしたケースなどはまさに、圧迫骨折が引き起こす病状悪化としての「歩行障害」の一例に他なりません。

圧迫骨折初期の痛みは、寝返りも打てないほどの激痛ですので、立つことも歩くことも当然できません。

しかし今述べた「歩行障害」というのはこれとは別物で、痛みというよりは、下肢のしびれや麻痺といった神経症状に起因するものです。

圧迫骨折によって脊椎を損傷したにも関わらず、下肢にしびれや麻痺が表われることに疑問を抱く人もいるかもしれませんので、そのあたりについても触れておきましょう。

圧迫骨折によって損傷を受けるのは確かに脊椎(椎体)であり、通常であれば、保存治療を行うことで折れた骨は自然とくっつき圧迫骨折は完治します。

しかしとりわけ高齢者ともなると、折れた骨がなかなかくっつかないだけではなく、動いた骨の一部が飛び出して神経を圧迫し、下肢にしびれや麻痺を引き起こしてしまうケースがあるのです。

しびれや麻痺に伴う弊害のひとつが、歩きにくくなったり転びやすくなったりする「歩行障害」ですが、そのほかにもさまざまな悪症状を引き起こすとされています。

圧迫骨折に伴う、しびれや麻痺といった神経症状、そしてそれが悪化することで引き起こされる歩行障害は、受傷後しばらく経ってから表われることも珍しくありません。そして表われたときには既に、症状はだいぶ進んでいるなんてことも。

圧迫骨折の基本的な治療法は保存治療ではありますが、しばらくしても改善されない場合には、早めに整形外科を受診してみることをおすすめします。

ページ先頭へ