実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

圧迫骨折が疑われる症状・腰痛

激しい腰痛は、単なるぎっくり腰などではなく圧迫骨折が疑われます。ここでは、圧迫骨折が疑われる具体的な症状等をまとめてみました。

立ち上がれないほどの激しい腰痛は圧迫骨折を示すサイン

「起床時に立ち上がろうとして、腰に激痛が走った」

「こむら返りが、ふくらはぎではなく腰に表われたような痛み」

「腰部に痛みとともに汗がにじみ出るのを感じる」

これらはすべて、圧迫骨折と診断された人たちが発症時、または治療中に感じた痛みです。

時の経過とともに、患部の範囲や痛みの程度は変化していくものの、腰部に激しい痛みを伴うというのが、圧迫骨折の基本的な症状です。

裏を返すならば、何かの拍子にこのような症状を感じたなら、それは圧迫骨折の疑いありということになります。

また、腰部の激しい痛みばかりが圧迫骨折を示すサインではありません。

骨が折れるというよりは、骨がつぶれる圧迫骨折においては痛みが自覚されないことも珍しくなく、その場合には知らず知らずのうちに背中が丸まっていたり、あるいは身長が縮んでいたり、といった形で症状が顕在化することもあります。こうした症状は、とりわけ高齢の女性に顕著となっています。

痛みが、腰部だけでなく太ももやお尻にも感じられる場合には、腰椎分離症(腰椎すべり症)も疑ってみるべきでしょう。圧迫骨折の症状との違いをあえて挙げるとすれば、腰椎分離症の場合には腰椎を後ろにそらせたときに痛みを強く感じる、といった特徴があります。

また「原因・きっかけ」に関しても、圧迫骨折と腰椎分離症(腰椎すべり症)では異なります

圧迫骨折は、骨粗鬆症年代の高齢の女性が転倒などしたときに起こりやすいのに対して、腰椎分離症は、10代の子どもや若者がスポーツなどを通じて繰り返し腰をひねったりそったりすることで起こりやすくなっています。

さて話を圧迫骨折に戻しますが、軽度の圧迫骨折の場合、治療法の第一選択肢は保存治療になります。保存治療というのは、簡単に言ってしまえば、患部を固定して安静にして過ごすということです。

通常なら、一定期間安静にして過ごすことで痛みは取れるはずですが、仮に2ヶ月経ってもまだ痛む場合には手術を受けることも検討すべきでしょう。

圧迫骨折の治療のための手術のうち代表的なものとしては、椎体形成術(BKP)という手術などがあります。

ページ先頭へ