実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

【コラム】圧迫骨折は予防できる?

ここでは、圧迫骨折の予防の方法を紹介しています。

圧迫骨折の原因を知ることが予防への第一歩

ズバリ、圧迫骨折は予防することができます。

「では、どのようにして予防するのか?」という話に入る前に、まずは「どうして圧迫骨折は起きるのか?」という点を明らかにしておきたいと思います。正しい原因把握なくして、適切な対処・予防はあり得ません。

圧迫骨折は端的に言えば、外部から加えられた力によって骨(椎体)がつぶれることによって起こります。

その原因が、交通事故や転落事故あるいはスポーツ事故などの場合には、そうした事故に気をつけることが何よりの予防ということになるでしょう。

一方で、そのような大きな事故ではなく、時には咳やくしゃみ程度の軽微な衝撃でも圧迫骨折は起こり得ます。

咳やくしゃみをしないというわけにはいきませんので、こうなるともう予防のしようがないように思われるかもしれません。

しかし実際には、咳やくしゃみ程度の衝撃で圧迫骨折になる人というのは、その前提として、わずかな衝撃で骨折してしまうほどに骨がもろくなってしまっているという事実があります。

そうした「骨がもろくなってしまっている」状態を骨粗鬆症と呼び、裏を返すならば、骨粗鬆症を予防することがすなわち圧迫骨折を予防することにもつながってきます。

骨粗鬆症は、生活習慣を改善することによって予防することもできますが、より積極的な治療ということで言えば、薬剤の投与という方法もあります。

たとえば、女性の閉経後に起こる閉経後骨粗鬆症の場合にはエビスタの投与が有効ですし、壊血病やビタミンA過剰症では原因となるビタミンの投与または制限が有効です。

圧迫骨折再発のリスク

骨粗鬆症に起因する圧迫骨折の場合には、一度骨折してしまうと、繰り返し骨折しやすい点には注意が必要です。

そうした再発のリスクを抑えるためには、「痛みが取れたからおしまい!」ではなく、再び骨折してしまわないような予防のための取り組みも必要になってきます。

たとえば腹部や背部の筋肉を鍛える運動などが効果的で、その具体的なやり方については、病院にいる理学療法士という専門家に指導してもらうことができます。

ページ先頭へ