実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?

圧迫骨折の危険因子・骨粗鬆症

圧迫骨折を引き起こす主要な原因として知られる骨粗鬆症について、その症状や予防法などをまとめてみました。

骨粗鬆症は「骨の生活習慣病」

まず骨粗鬆症というのは、骨の中身がスカスカになり、骨自体の強度が非常にもろくなる病気のこと。

もちろん癌や脳卒中、あるいは心筋梗塞などのように、すぐに生死に直結する病気ではありませんが、骨粗鬆症に伴う骨折が原因で要介護の状態になってしまう人も少なくなく、大変怖い病気であることに変わりはありません。

骨粗鬆症になると、寝たきりになるリスクが約1.8倍高まるというデータもあるくらいなんです。

骨粗鬆症になりやすいのは、圧倒的に女性です。

他の身体の器官同様に骨も、古い骨を溶かして新しい骨をつくる代謝という働きを繰り返すことによって正常な状態を保つわけですが、女性の場合、閉経を迎える50歳前後からこの新陳代謝が十分に行えなくなってしまいます。

事実、60代の女性の50%、70代以上の女性の70%が骨粗鬆症だと言われています。

それでは若い女性は骨粗鬆症と無縁かと言うと、そんなこともなく、偏食や極度のダイエット、喫煙や過度の飲酒といった生活習慣の乱れによって、最近では若い女性が骨粗鬆症になるケースも珍しくありません。

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症は骨がもろくなる病気ですので、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなります。しかも1度骨折すると、次々と骨折しやすくなる点も骨粗鬆症の怖いところです。

また、自覚症状に乏しい点も骨粗鬆症の特徴のひとつ。いわゆる通常の骨折であれば痛みを伴うのですぐに気づくことができますが、たとえば圧迫骨折のように骨が変形してしまうケースでは、背中が丸くなって、あるいは身長が縮んでようやく、骨粗鬆症が原因でいつのまにか骨折していたことに気がつく…なんてことも間々あります。

骨粗鬆症の予防法

骨粗鬆症は「骨の生活習慣病」とも言われているように、その予防法としては、生活習慣の見直し・改善が大事になってきます。

具体的には、骨を作る源となる毎日の食生活を見直すとともに、あとはお酒や煙草を控える、あるいはお日様の下で適度に運動をすることも効果的です。

とは言っても冒頭でも述べた通り、とりわけ女性においては加齢によって骨の強度が低下してしまうのは避けられません。

もっとも、最近は骨粗鬆症の治療薬も出てきています。効果が高いものは、注射による治療で、一部には自宅にて自分で注射を打つことで治療ができるものもあります。医師に相談してみるとよいでしょう。

ページ先頭へ