実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?
圧迫骨折白書HOME » 思い当たる方は要注意!圧迫骨折に結びつく原因と症状

思い当たる方は要注意!圧迫骨折に結びつく原因と症状

圧迫骨折になる兆候や原因、そして実際に圧迫骨折になった際の症状などについてまとめてみました。

知っておきたい!圧迫骨折を知らせる危険サイン

圧迫骨折に結びつく原因としてもっとも知られているのが、骨粗鬆症です。

骨粗鬆症というのは文字通り、骨の中身が鬆(す)が入ったようにスカスカになり、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなる病気のこと。

決して珍しい病気ではなく、60代女性の2人に1人、70代以上女性の10人に7人は骨粗鬆症であるといったデータもあります。

骨粗鬆症であるかどうかは、病院や保健所などで骨密度検査を受診することによってわかります。

ちなみに成人の平均値を基準にして、検査の結果、基準の80%以上であれば正常、70~80%であれば要注意、70%未満であれば骨粗鬆症と判定されます。

骨粗鬆症と判定された場合には、そのぶん圧迫骨折になる可能性も高くなるので予防と注意が必要です。

圧迫骨折になってしまったら?

腰に痛みが生じる疾患はたくさんあって、一般の人には圧迫骨折とそれ以外の疾患の区別がつきにくいものと思われます。

圧迫骨折が疑われる症状は大きく分けて、骨折に伴う腰痛と遅発性麻痺の2つ。

とりわけ痛みに引き続いて麻痺症状が感じられる場合には、基本的な保存治療だけでは完治が期待できませんので、早めに整形外科を受診することをおすすめします。

昔は、圧迫骨折の治療と言えば保存治療一択のようなところもありましたが、最近では椎体形成術(BKP)を始めとした手術によって、早期に回復・社会復帰ができるようになっています。

また、再発のリスクが高い圧迫骨折においては予防がとても大事。

圧迫骨折の予防法については、別ページでコラムとしてまとめていますので、そちらも併せて参考にしていただければと思います。

ページ先頭へ