実績と評判で選ぶおすすめの病院BEST5 圧迫骨折治療において名実共に評価の高い病院を調べ、ランキング形式で紹介 詳しくはこちら
  • 60代女性のおよそ50%が患う?圧迫骨折の危険因子「骨粗鬆症」
  • 圧迫骨折後の脊椎変形に対応する注目の最新術式XLIF(エックスリフ)とは
  • 低侵襲・小切開手術が患者にとって最善といえるのか?
圧迫骨折白書HOME » 痛みを感じたらすぐ相談!圧迫骨折治療に対応する病院一覧

痛みを感じたらすぐ相談!圧迫骨折治療に対応する病院一覧

ここでは、圧迫骨折の痛みにお困りの方に向けて、圧迫骨折治療に対応している評判のよい病院をまとめて紹介しています。

良い病院選びのポイントは圧迫骨折治療の実績と評判

病院イラスト圧迫骨折の治療において実績と症例数が高く、かつ患者さんからの口コミ評判の高い病院をランキング形式でまとめています。

ランキングではトップ5を選出していますが、それ以外にも病院のレベルや治療実績の豊富さ、設備の充実度など、圧迫骨折治療に積極的に取り組んでいる病院を比較検討している際に、見つけたので紹介していきましょう。

主に関東圏のエリアになりますが、ランキングで掲載した病院はもとより、そうした実力派の病院にもスポットを当てて、個別に病院の特徴や医師、手術方法、患者の口コミ情報といった内容をまとめて紹介していきます。

圧迫骨折はご本人がなっても、家族や近しい人がなっても痛々しいものです。痛みを取り除く治療をするには、実績をもった病院で治療を受けるのがまず一番重要と言えます。

痛みを感じたら、スグに相談できるように、このカテゴリーでリストアップして掲載した病院を前もってチェックしておきましょう。いざという時に慌てずに済みますよ。

東京23区のクリニック

品川志匠会病院

「品川志匠会病院」は志匠会グループのもとで、首や腰といった脊椎を専門に治療しています。

脊椎圧迫骨折や腰椎圧迫骨折、胸椎圧迫骨折などの治療や、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症などの豊富な実績があります。

所在地 東京都品川区北品川1丁目29-7
アクセス情報 京浜急行線「北品川駅」「新馬場駅」より徒歩5分
ドクター情報 脊椎外科には常勤ドクターが10人以上在籍し、幅広い治療に対応できる体制を整えています。 理事長であり院長の大田ドクターは日本整形外科学会の専門医であり、日本整形外科学会脊椎病医の資格も保有しています。 脊椎外科医の専門医も数多く在籍しているため、安心です。
主な治療方法 首の手術:椎弓形成術、前方固定術、後方固定術(C1-2)、後方固定術、MacFなど 腰の手術:椎弓形成術、PELD(PED)、BKP、後方進入椎体間固定術(TLIF/PLIF)、前側方進入椎体間固定術(XLIF)など 胸椎の手術」OYL切除

首と腰の手術を専門に行う品川志匠会病院は、横浜にある「新横浜スパインクリニック」系列の専門病院です。志匠会としての累計手術件数は、5,000件以上。2017年だけでも1,000件以上の手術が品川志匠会病院にて行われています。豊富な症例を基に、経験豊富な脊椎外科の専門医による治療が受けられるクリニックと言えるでしょう。 ベッド数も66床(内個室21床)と豊富です。

岩井整形外科内科病院

「岩井整形外科内科病院」は、圧迫骨折や慢性腰痛などの治療において豊富な実績があり、実績と高い評価を得ているクリニックです。

低侵襲手術は特に評価が高く、椎間板ヘルニア手術や腰部脊柱管狭窄症の手術では5,000件以上の実績があります。

所在地 東京都江戸川区南小岩 8-17-2
アクセス情報 JR「小岩駅」から徒歩4分
ドクター情報 椎間板ヘルニアや、脊椎菅狭窄症の経験豊富な稲波ドクターが理事長。院長の高野ドクターはリハビリ科の経験もある脊椎内視鏡手術の名医。日本脊髄外科学会認定脊髄内視鏡下手術・技術認定医や、日本脳神経外科学会専門医なども多数在籍。手術経験はもちろんのこと、医学研究の分野でも活躍するドクターが揃っています。
主な治療方法 MED:腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡下手術、enSpire(経皮的椎間板粉砕・切除術)、PLDD(レーザー治療)、XLIF(内視鏡下腰椎側方椎体間固定術)、MEL(内視鏡下腰椎椎弓切除術)ブロック療法、高周波熱凝固など

昭和35年に開設した岩井病院を前身とする岩井整形外科内科病院は、腰痛治療分野で、内視鏡下手術の実績例が多い病院です。年間1,300件以上の治療実績を誇り、脊椎内視鏡下手術は、全国の1割ほどがこの病院で行われているなど実績を見るだけでも専門病院であることがわかります。リハビリテーション科もありますので、術後の早期回復を目指した治療計画が立てられます。

三楽病院

「三楽病院」は、総合病院として各科を開設しています。

その中で、圧迫骨折などの治療を行なっているのが「整形外科」です。

最高レベルの治療と、柔軟性のある対応、すばやい対処などに定評があります。

所在地 東京都江戸川区南小岩 8-17-2
アクセス情報 JR「御茶ノ水駅」から徒歩3分
ドクター情報 センター長を務める佐野ドクターは、認定スポーツ医の資格も持つ、日本整形外科学会の専門医。ドクターオブドクターズに選出され、ベストドクターに認定された実績もあります。また、副センター長を務める中尾ドクターも、日本整形外科学会の専門医です。
主な治療方法 脊椎インストゥルメンテーション手術、最小侵襲手術(MIS)、バルーン後弯形成術(BKP)など

脊椎・脊髄センターを持ち、圧迫骨折など脊椎の治療の症例も豊富な同クリニック。手術治療はもちろんのこと、入院リハビリ治療やブロック治療、腰痛予防のための市民講座なども実施しています。腰や首、背中など脊椎の病気に対して総合的な診断治療が受けられる病院です。骨粗鬆症による圧迫骨折の治療としては、バルーン後弯形成術(BKP)などを実施。バルーン後弯形成術(BKP)の場合、入院期間も短く、数日で退院できるケースもあります。

日本赤十字社医療センター

「日本赤十字医療センター」は、総合病院として多くの診療科を設けています。

圧迫骨折は主に「整形外科」が対応していて、脊椎整形外科と骨・関節整形外科と2つの科に分けることで、より細かい治療を行っています。

所在地 東京都渋谷区広尾4丁目1−22
アクセス情報 渋谷駅東口から都営バス「学03」系統:日赤医療センター行き、終点下車 恵比寿駅西口から都営バス「学06」系統:日赤医療センター行き、終点下車 東京メトロ日比谷線「広尾駅」から徒歩約15分
ドクター情報 脊椎整形外科にて圧迫骨折の治療が受けられる同病院。日本赤十字社医療センターには麻酔科やリハビリテーション科もあり、術後のリハビリなども安心です。整形外科センター長を務める久野木ドクターは日本整形外科の専門医。脊椎脊髄の治療や、難病治療の経験も豊富です。専門医・認定医資格を持つ専門性の高いドクターも数多く所属しています。
主な治療方法 生活指導、リハビリテーション、ブロック療法、脊椎手術全般

整形外科だけでも年間の述べ外来患者数は2万3,000人以上(入院患者は述べ1万2,000人ほど)と、渋谷区の中でも有数の総合病院です。圧迫骨折を診療・治療する脊椎整形外科では、これまで6,000例以上の手術実績を誇っています。病院の方針として、患者さんの体に優しい治療方法を検討・実施している点が特徴。最先端の医療機器もしっかりと完備されています。広尾駅から徒歩での通院は、坂道があるため少し大変かもしれません。バス、もしくはタクシーでの通院が便利です。

慶応義塾大学病院

「慶応義塾大学病院」では、脊椎・脊髄、上肢、下肢、腫瘍の4つの臨床グループにより、専門性の高い外来診療と手術を行っています。

一般のクリニックや病院では治療が難しいとされる疾患や手術などを中心に診療する、「特定機能病院」に指定されています。

所在地 東京都新宿区信濃町35
アクセス情報 中央・総武線「信濃町」駅から徒歩約1分 都営大江戸線「国立競技場」駅下車から徒歩約5分 丸の内線「四谷三丁目」駅から徒歩約15分 半蔵門線・銀座線「青山一丁目」駅下車から徒歩約15分
ドクター情報 慶応義塾大学病院は、大学病院ならではの、豊富な人材力が魅力です。脊椎・脊髄外科の科部長を務める松本教授や中村ドクターは、日本脊椎脊髄病学会椎脊髄外科の指導医。医師への指導も行うほど、高い専門性と確かな臨床経験を持つドクターです。
主な治療方法 生活指導、リハビリテーション、ブロック療法、脊椎手術全般

大学病院として、これまで1,000名以上の整形外科医も輩出してきた慶応大学病院。他院では治療困難と言われた症例にも積極的に治療に取り組んでいる点が大きな特徴です。2015年には脊椎・脊髄疾患の手術を年間644例も実施しています。慶応大学病院にはリハビリテーション科もありますので、術後もしっかりとした連携のもとリハビリテーション指導が受けられます。また、骨粗鬆症が原因となっていることも多い圧迫骨折。骨粗鬆症外来のある同病院なら、術後の骨粗鬆症予防や治療にも安心して取り組めます。

苑田会

「苑田会 東京脊椎脊髄病センター」では、圧迫骨折治療など、高い専門性が求められる診察を行っています。

内視鏡下椎間板ヘルニア切除術、骨粗鬆症性椎体骨折といった椎体形成術なども積極的に行っています。

所在地 東京都足立区伊興本町2-5-10
アクセス情報 東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」から徒歩10分
ドクター情報 脊椎圧迫骨折外来の担当医を務める星野ドクターは、脊椎圧迫骨折に関する研究や骨粗鬆症を原因とする圧迫骨折の治療などに関する学会発表を数多く行っている専門医。2006年から東京脊椎脊髄病センターのセンター長に就任しています。日本整形外科専門医、日本リハビリテーション医学界認定リハビリテーション科専門医の資格を保有。骨粗鬆症性の圧迫骨折に対しても、痛みを取ることを目的とした手術治療にも対応してもらえます。
主な治療方法 人工骨(ハイドロキシアパタイト)を使用した椎体形成術、脊椎専用骨セメントを使用したKyphoplasty(BKT)、コルセット等の装具療法

脊椎脊髄手術の専門医し教育施設(日本整形外科学会教育研修施設)としても指定されているくらい、専門性の高い治療を行う苑田会 東京脊椎脊髄病センター。圧迫骨折についても「脊椎圧迫骨折専門外来」が平成22年から開設されています。治療面では、コルセットによる治療や椎体形成術など体への負担が少ない治療を積極的に用いています。専門病院の中でも、圧迫骨折の専門外来がある病院はとても珍しく、都内でも圧迫骨折治療のトップを走る病院の一つと言えるでしょう。

国際医療福祉大学 三田病院

「国際医療福祉大学三田病院」では、「脊椎脊髄センターで」圧迫骨折や腰椎圧迫骨折などのチーム医療が受けられるほか、さまざまな手術を行える設備が整っています。

所在地 東京都港区三田1丁目4-3
アクセス情報 都営大江戸線 「赤羽橋駅」より徒歩5分 東京メトロ南北線 ・都営大江戸線「麻布十番駅」より徒歩8分 都営三田線 「芝公園駅」より徒歩10分 山手線・京浜東北線「田町駅」より徒歩20分
ドクター情報 国際医療福祉大学 三田病院の脊椎脊髄センター長を務めるのは、整形外科の専門医である石井賢ドクターです。石井ドクターは慶応義塾大学卒業後、前慶應義塾大学医学部整形外科専任講師や脊椎脊髄班チーフ、ハーバード大学 MGH fellowなどの経歴を経て現職に。最小侵襲安定術・内視鏡手術に関しては、日本でも第一人者となっています。他にも豊富な臨床経験を持つ石が数多く在籍しています。
主な治療方法 頸椎椎弓形成術、頸椎前方固定術、腰椎椎弓切除術、腰椎後方固定術(PLF)、腰椎後方固定術(PLIF)、腰椎開窓術、腰椎髄核摘出術(LOVE)、側弯症矯正手術、薬物治療、コルセットによる装具治療、理学療法、物理療法、神経ブロックなど

国際医療福祉大学 三田病院には、脊椎脊髄センターを有しています。脊椎脊髄に関する治療を、整形外科と脳神経外科の専門医により行う体制が整っており、圧迫骨折に対しては、低侵襲の内視鏡手術などを積極的に行っています。また、外科治療以外の治療にももちろん対応しています。症状や全身状態に合わせて、最適な治療を行ってもらえます。

東京都下のクリニック

八王子脊椎外科クリニック

「八王子脊椎外科クリニック」では、脊椎脊髄外科に特化した診療を提供しています。

圧迫骨折治療に関してはたくさんの手術実績があり、多くの患者さんが訪れています。

所在地 東京都八王子市万町173-1
アクセス情報 JR「八王子駅」南口から徒歩10分 京王線「京王片倉駅」から徒歩11分
ドクター情報 ま厚生連 幸手総合病院の整形外科身長部長、鎌ヶ谷総合病院脳神経外科脊椎センターセンター長を務めた経歴を持つドクターです。整形外科学会の専門医資格などを保有し、海外でも多数の研修を積んでいます。
主な治療方法 神経除圧術、脊椎固定術、脊椎制動術、経皮的椎体形成術(BKP)、MISt(脊椎最小侵襲安定術)など

平成29年には600件近くの手術実績を持つ同クリニックは、脊椎外科専門のクリニックです。圧迫骨折の手術は、体に負担の少ない低侵襲手術を始め、インプラントによる脊椎固定術や、術後の早期回復が期待できるバルーン椎体形成術(BKP)などを積極的に行っています。脊椎ドックを実施し、脊椎疾患の早期発見などもできるため、専門家による定期的なチェックを受けたいという方にもおすすめと言えるでしょう。

村山医療センター

「村山医療センター」では、圧迫骨折だけでなく、脊柱側弯症、結核性脊椎炎、脊髄損傷などにおいて、より専門性の高い治療を提供しています。

所在地 東京都武蔵村山市学園2丁目37-1
アクセス情報 多摩都市モノレール「上北台駅」からタクシー利用または徒歩約25分 立川バス【村山団地行】「学園」バス停から徒歩約10分
ドクター情報 総合病院として複数の専門家を持つ同病院は、院長である朝妻 孝仁ドクターが整形外科学会の専門医。脊椎脊髄病医や日本脊椎脊髄病学会指導医の資格も持ち、幅広い脊椎の疾患に対する治療に取り組んでいます。今ある機能を生かす低侵襲手術に対しても積極的に取り組み、国内・国外の科学誌にも多数投稿しています。また副院長である谷戸ドクターも脊椎外科の専門医です。
主な治療方法 神経除圧術、脊椎固定術、脊椎制動術、経皮的椎体形成術(BKP)、MISt(脊椎最小侵襲安定術)など

3DCTやナビゲーションシステムなど脊椎手術の設備も充実している村山医療センターは、2016年度の脊椎脊髄の手術件数が900件近く。低侵襲頚椎除圧術も導入しています。圧迫骨折のみならず、骨・運動器疾患に関しては国内外でもトップレベルを誇る臨床研究施設として存在感を示しています。また、術後の回復に向けたリハビリ病棟も完備。一人一人の患者さんに合わせた、オーダーメイドのリハビリテーションも受けられます。

武蔵野赤十字病院

「武蔵野赤十字病院」には専門外来に特化した病院だけあって、高い専門性を具えた医師が多く在籍しており、その先生を頼りにして、遠方からも多くの患者さんが来院しています。

所在地 東京都武蔵野市境南町1-26-1
アクセス情報 JR中央線「武蔵境駅」から徒歩10分 ムーバスムーバス(境南東循環)より5分 中央高速自動車道「調布インターチェンジ」より約4.5Km
ドクター情報 整形外科部長を務める山崎ドクターは、背椎・脊髄外科を専門とするドクターです。指導医や専門医資格も保有し、「椎弓根スクリュー挿入に対するdiathermy test 」などより良い治療効果を生むための術式にも積極的に取り組んでいます。専門書も多く執筆しているなど、背椎・脊髄外科の分野の第一人者。他にも脊椎低侵襲手術や内視鏡手術を得意とする小久保ドクターなど、多数の優秀なドクターが在籍しています。
主な治療方法 椎弓拡大・形成、前方椎体間固定・後方椎体間固定、後側方固定、顕微鏡下髄核摘出、内視鏡下髄核摘出、顕微鏡下脊髄腫瘍切除術、インストゥルメンテーションなど

急性期の入院医療に特化した総合病院としての機能を果たす武蔵野赤十字病院。地域のクリニックでは治療が難しい症例にも対応する専門性の高い医療を提供しています。同病院の整形外科は、脊椎・脊髄外科の分野で高度かつ先進的な医療を提供していることなどから、日本整形外科学会の専門医制度認定研修施設として認定されています。

練馬総合病院

「練馬総合病院」では脊椎・脊髄の手術を行う際、積極的に最小侵襲手術を行っています。

それぞれの患者さんの状態をしっかり診察した上で、最小侵襲治療法のうち、もっともふさわしいと思われる方法を選択し、提供してくれます。

所在地 東京都練馬区旭丘1丁目24-1
アクセス情報 西武池袋線「江古田」駅から徒歩約7分 西武池袋線「東長崎」駅から徒歩9分 地下鉄有楽町線「小竹向原」駅下から徒歩15分 都営大江戸線「新江古田」駅から徒歩約10分
ドクター情報 整形外科科長の佐々木ドクターは、東京医科歯科大学を卒業後、東京医科歯科大学医学部付属病院や、九段坂病院、済生会川口総合病院、諏訪中央病院などを経て、現在の病院に。整形外科学会の専門医資格や、脊椎内視鏡下手術・技術認定医、認定脊椎脊髄病医、認定スポーツ医などの資格を保有しています。日本内視鏡外科学会 技術認定医(整形外科)の資格も持ち、2016-2017の「Best Doctors in Japan」にも選出されています。
主な治療方法 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下椎弓切除(MEL)、腰椎圧迫骨折に対するバルーン椎体形成術(BKP)、低侵襲腰椎前方椎体間固定術(LLIF)など

総合病院として、地域の医療を担っている練馬総合病院の整形外科では、圧迫骨折に対して手術治療はもちろんのこと、手術をしない保存療法のための入院対応も行っています。高齢の患者も多く、症例数も豊富なことから、体への負担をできる限り減らす、最小侵襲治療法について相談したいという方にもオススメの病院です。

その他のエリアのクリニック

新横浜スパインクリニック

所在地 神奈川県横浜市港北区北新横浜1-5-5
アクセス情報 横浜市営地下鉄「北新横浜駅より」徒歩5分
ドクター情報 院長の葛西ドクターは日本整形外科学会専門医資格の他、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医の資格も持つ脊椎治療の第一人者です。新横浜スパインクリニックに勤務するドクターは、皆何らかの専門医資格を持っている腰椎・脊椎治療のエキスパートたち。安心して治療の相談ができます。
主な治療方法 首の手術:前方固定術、頸椎椎弓形成術、MacFなど 腰の手術:脊柱固定術、脊椎椎弓形成術、腰椎椎間板ヘルニア摘出術、椎体形成術など 胸椎の手術:OYL切除

整形外科、麻酔科、リハビリテーション科を持つ新横浜スパインクリニックは、入院治療も可能なクリニックです。豊富な症例を持つ専門医が在籍し、症状や疾患に合わせた手術による早期回復を目指しています。

医療連携室を設置し、他病院からの紹介も受け付けているなど、難症例の受け入れもするクリニックですから、症状に悩む方は是非相談してみましょう。品川にある品川志匠会病院は系列病院ですから、都内や東京近郊にお住まいの方は、品川志匠会病院の受診もオススメです。

平和病院 横浜脊椎脊髄病センター

「平和病院 横浜脊椎脊髄病センター」は、脊椎脊髄外科に特化した最先端医療の提供を目指している脊椎脊髄施設です。

保存治療や低侵襲手術、根治手術、リハビリテーションなど、幅広い治療を行っています。

所在地 東京都品川区北品川1丁目29-7
アクセス情報 京浜急行線「北品川駅」「新馬場駅」より徒歩5分
ドクター情報 脊椎外科には常勤ドクターが10人以上在籍し、幅広い治療に対応できる体制を整えています。 理事長であり院長の大田ドクターは日本整形外科学会の専門医であり、日本整形外科学会脊椎病医の資格も保有しています。 脊椎外科医の専門医も数多く在籍しているため、安心です。
主な治療方法 首の手術:椎弓形成術、前方固定術、後方固定術(C1-2)、後方固定術、MacFなど 腰の手術:椎弓形成術、PELD(PED)、BKP、後方進入椎体間固定術(TLIF/PLIF)、前側方進入椎体間固定術(XLIF)など 胸椎の手術」OYL切除

首と腰の手術を専門に行う品川志匠会病院は、横浜にある「新横浜スパインクリニック」系列の専門病院です。志匠会としての累計手術件数は、5,000件以上。2017年だけでも1,000件以上の手術が品川志匠会病院にて行われています。豊富な症例を基に、経験豊富な脊椎外科の専門医による治療が受けられるクリニックと言えるでしょう。 ベッド数も66床(内個室21床)と豊富です。

浜松医科大学

「浜松医科大学」は、東海地区の大学病院として最先端の医療研究と診療を提供しています。

圧迫骨折の治療は整形外科で行っており、大学病院ならではの高度医療が期待できるほか、後縦靭帯骨化症などの特定疾患にも対応しています。

所在地 静岡県浜松市東区半田山1丁目20番1号
アクセス情報 JR「浜松駅」バスターミナルから50番/57番ルート「浜松医科大学前」下車
ドクター情報 整形外科専門医、日整会認定脊椎脊髄病医でもある松山ドクターをはじめとし、各分野の専門ドクターが在籍するのは、浜松医科大学ならでは。最先端の治療を研究する医師も在籍しています。
主な治療方法 矯正固定術(骨切り術)、後縦靱帯・除圧固定術、脊髄髄内腫瘍摘出術、椎骨全摘術など(脊椎手術のほぼ全てを網羅)

難治性の脊椎・脊髄疾患の治療にも取り組んでいる浜松医科大学付属病院は、東海エリアでは有数の脊椎治療を行う病院です。特定疾患の治療として、後縦靭帯骨化症などの特定疾患に治療にも対応、手術時には、合併症(神経損傷)を予防するための脊髄機能モニタリングを使用しています。骨粗鬆症のある方には、薬物治療も併用しています。

横浜南共済病院

「横浜南共済病院」は整形外科の中に「脊椎・脊髄センター」という専門の部門もあります。

脊椎圧迫骨折などの脊椎系の疾患に関しては、こちらで専門的な治療を受けることが可能です。

所在地 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1
アクセス情報 京浜急行電鉄 「追浜駅」から徒歩7分 京浜急行バス「瀬ヶ崎(横浜南共済病院前)」バス停から徒歩1分
ドクター情報 診療部長の三原 久範ドクターは、日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄専門医、日本脊椎脊髄学会指導医などの資格を保有しています。滋賀医科大学医学部を卒業後、横浜市立大学医学部整形外科、ウィスコンシン大学への留学を経て、横浜南共済病院へ。指導医として背椎・脊髄外科のドクターに外科指導も行っています。
主な治療方法 生活指導、リハビリテーション、ブロック療法、脊椎手術全般

脊椎・脊髄センターのある横浜南共済病院では、 最先端の治療を専門医により行えるよう専門外来を開設。圧迫骨折はもちろんのこと、頚椎後縦靭帯骨化症などの難治性疾患の治療にも多く取り組んでいます。術中顕微鏡や内視鏡などの専門機器も完備され、国内はもちろんのこと、海外からも視察や研修に専門家が集まっています。

平和病院 横浜脊椎脊髄病センター

所在地 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台29-1
アクセス情報 京浜東北線「鶴見駅」下車、駅前臨港バス「亀甲山停留所」から徒歩5分
ドクター情報 日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医でもある田村ドクターがセンター長を務めています。副センター長には、日本脊髄外科学会指導医・日本脳神経外科学会専門医の野中ドクターが在籍。その他、スポーツ医や麻酔科医など脊椎治療の専門家が揃っています。
主な治療方法 腰椎除圧手術(内視鏡手術、開窓術)、腰椎固定手術(低侵襲固定、BKP、広範囲固定)、頚椎手術(拡大術、前方手術、固定術)、ミスト(MISt)手術など

平成29年の手術実績は年間700例を超える平和病院 横浜脊椎脊髄病センター。大きな特徴は、低侵襲腰椎後方固定術、経皮的椎体形成術、低侵襲腰椎前方固定術などの治療に積極的に取り組んでいる点です。ミスト(MISt)手術(最小侵襲脊椎安定化手術)の手術実績も500例を超えています。神奈川県でも有数の首・腰手術の術数を誇る病院ですから、手術治療が必要と診断された場合には相談してみるといいでしょう。

ページ先頭へ